前へ
次へ

不動産売却ではキレイにすることが大事

不動産売却では、査定価格も大事になるのでそれを受ける業者の選び方も大事になりますし、買い手が現れるように目を惹くような広告を使った集客力も大事になります。さらに、不動産売却では内覧も行うので、買い手となる候補者の気持ちをサポートする押しの一手が出せるセールストークをする業者選びも大事になります。不動産売却は失敗や後悔の声が頻繁に聞こえてくるので、よくリサーチしておきましょう。不動産売却では、内覧で「いいお部屋」と印象づけることが成功への一歩です。だからこそ、不動産売却を進める際には掃除をします。実際、不動産売却に成功した知人も徹底的に清掃したようです。とくに、昔ながらのモダン住宅にありがちなのは、畳のある和室、これはメンテナンスが面倒くさいために、不動産売却が難しいといいます。畳、襖、障子などの扱い方を知らない若い世代も多いため、この場合には洋間へリフォームしてから内覧に臨むのが良いでしょう。もちろん、畳や襖、障子を新調するのもアリ、健康住宅に興味がある人や高齢者住宅を探している人にアピールできます。

Page Top