前へ
次へ

不動産売却してはいけない不動産会社

不動産会社が不動産業を行う上で、守るべき法令があります。例えば路上で看板を出すことは法で禁止されています。不動産売却を行うときにこのような違反行為を行っていない会社を選びましょう。不動産会社では不動産売却時に仲介の役目を果たします。まずは売主と不動産会社で媒介契約を結びます。複数の会社を比較して媒介契約を結ぶ不動産会社を選んでいきます。しかし、担当者が強く媒介契約を結ぶことをすすめたり、1社だけに仲介を依頼する場合には注意しまましょう。これは自社と不動産売却の媒介契約を結ばせたいがために行っている可能性があります。媒介契約は売主側が検討できるのに、「専任契約をしないといけない」と言ってくる会社もいるようです。強引に不動産売却の契約を結ばせようとする会社はやめましょう。求人サイトなどで人材を常に募集している不動産業社も要注意です。不動産会社では人材が定着すれば、人材募集を頻繁に行いません。常に行っているなら、人の出入りが激しく社員が定着しない理由があります。出入りが激しければ社員は育たないので、担当者も経験や知識の蓄積が出来ません。不動産売却は営業力や経験などが物を言うので、信頼できるベテランがいなければ不動産売却を依頼しない方が良いでしょう。

Page Top